ナイトワーク初心者必見!スナック・ラウンジ・クラブの違いって? | バイトルマガジン BOMS(ボムス)


ナイトワークの求人を探す

高収入を得るために「夜のお店で働こう!」と考えてはみたものの、「危ないかもしれない…」「きついかもしれない…」と不安でなかなか一歩が踏み出せない人も多いでしょう。

また、ナイトワークといっても種類が多いため、キャバクラ・ガールズバー・スナック・ラウンジ・クラブの違いがわからないと悩んでいませんか?

この記事では、スナック・ラウンジ・クラブの違いや仕事内容を解説します。働くうえで知っておきたい注意点やよくある質問もまとめていますので参考にしてみてください。

キャバクラのバイト、ガールズバーのバイトに関しては以下の記事で解説しています。

特徴から仕事を探す

目次

  • スナック・ラウンジ・クラブのアルバイトって何が違うの?
  • スナックのアルバイトってどんな仕事?
  • クラブのアルバイトってどんな仕事?
  • ラウンジのアルバイトってどんな仕事?
  • ナイトワークで働くなら!知っておきたいQ&A
  • ナイトワークに向いているのはこんな人!
  • まとめ

スナック・ラウンジ・クラブのアルバイトって何が違うの?

夜の仕事といえば「お客さんと一緒にお酒を飲む」「ドレスで接客する」といったイメージはあると思いますが、なんとなくのイメージしかない方は多いでしょう。キャバクラやガールズバーはともかく、スナック・ラウンジ・クラブでは、何が違うのか気になりますよね。

まずは、それぞれの特徴や違いをわかりやすく解説します。

  スナック ラウンジ クラブ
お店の特徴 地域密着型の飲食店 広く静かな飲食店 高級感のある飲食店
お店の雰囲気 和気あいあい/にぎやか カジュアル/ゆったり 知的/上品/老舗
お店の営業時間 都道府県や市町村の条例や、お店の届け出方法などにより異なる
お客さんの特徴 1人~少人数/常連客 1人~複数人/若者層 1人~少人数/高所得者
働く人の特徴 20~50代が多く活躍 20代が中心 20代後半~30代が中心
働く人の服装 私服(ママによる) きれいめな私服 ドレス
時給相場 1,500~2,500円 3,000~5,000円 5,000円以上もあり

※お店によって異なる部分もあるので、参考としてご覧ください

どのお店も「お酒を提供する接待をともなう飲食店」であることに変わりはありませんが、お店の雰囲気や服装、時給相場が異なります。

つぎに、仕事内容を詳しく見ていきましょう。

なお、キャバクラやガールズバーについては、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!

  • 【キャバ嬢入門】キャバクラでのバイトの基礎知識を解説
  • ガールズバーバイトの基本のキ|稼げるけど大変って本当?

ナイトワークの仕事を探す

スナックのアルバイトってどんな仕事?

ここからはスナックの仕事について見ていきます。

スナックのアルバイトの仕事内容

スナックでは、そのお店を切り盛りしている「ママ」が中心となってお店をまわします。

スタッフの女の子は、ママのサポートに入りお客さんにお酒や料理を提供します。他にも、お客さんとの話を盛り上げたり、一緒にカラオケを歌ったり、楽しい時間が過ごせるような接客が欠かせません。

おもにカウンター越しの接客がメインですが、お店によってはボックス席で接客を行うこともあります。

スナックのアルバイトの時給相場

時給相場は1,500~2,500円程度です。時給に加えて、ドリンクバックなどのインセンティブが付くお店を選ぶと、より高時給を目指せるでしょう。

スナックの客層

スナックに来るお客さんは中高年が中心です。近くに住む人や常連客が多い特徴があり、地域密着型の「住民の憩いの場」として利用されることが多いようです。

しかし、近年ではスナックにハマる若者も増えてきており、中高年だけでなく若者の社交場になりつつあるようです。また、若いママのお店が増えてきていることもあり、入店時の心理的ハードルが下がっているのかもしれません。

スナックで働くスタッフの年代層

働く人の年齢層は、ママの方針にもよりますが、20~50代まで幅広い年代です。

スナックで働くときの服装

スナックで働くときの服装やヘアメイクには、指定がないケースが多いようです。服装が自由とはいえ、ジーンズやスエットがOKというわけではありません。ワンピースやジャケットなど、親しみやすいオフィスカジュアルのような服装がおすすめです。

また、スナックのママの考えによっても大きく異なります。場合によっては、服装と合わせて容姿を重視するケースも。反対に会話力や愛嬌などを求める場合もあります。

スナックで働くときの注意点

スナックで働く注意点は、働いているママの考え方や性格を確認しておくことです。スナックは、ママが中心となってお店をまわすため、店舗ごとにカラーが異なります。

「とにかくお客さんと楽しく過ごす」「接客マナーに厳しい」など、ママによって重視するポイントが異なるため、できれば働く前に確かめておきたいですね。

スナックで働くメリット

スナックで働くメリットは、競争やノルマに焦ることなく働けることです。また、ママさえOKをしてくれれば、勤務日や勤務時間などの融通が利くのもうれしいポイントです。

働ける年齢に関しても、18歳未満では雇ってもらえませんが「〇歳までしか働けない」という決まりはないため、長く続けやすいでしょう。

スナックの仕事を探す

クラブのアルバイトってどんな仕事?

「銀座の高級クラブ」「クラブのホステス」などと聞くと、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。
クラブは、スナックよりも接客マナーが重視される点が特徴です。

クラブのアルバイトの仕事内容

クラブのアルバイトは、ボックス席などでお客さんの横に座って接客をするのがメインです。スナックと同じく「ママ」がお店を取り仕切ります。

特徴は、永久指名制であることで、お客さんの初来店時に担当に決まった人が以後も毎回担当となります。

クラブのアルバイトの時給相場

時給相場は、クラブにもよりますが3,000~5,000円、高級店であれば5,000円以上のケースもあります。

とはいえ、高い時給をもらうには、それなりの努力が必要で、閉店後にお客さんとのアフターが入ることで帰宅が遅くなることも少なくありません。

クラブの客層

お客さんの年齢層は40~60代が中心。経営者や会社役員などの富裕層が多い傾向があります。

クラブで働くスタッフの年代層

勤務する女性には、クラブの品格にふさわしい対応が求められるため、接客マナーを身に付けた20代後半~30代が多いようです。

クラブで働くときの服装

クラブで働くときの服装は、ドレスが一般的です。合わせて、美容院でヘアセットするなど、身だしなみに力を入れましょう。また、ママの方針により、ワンピースやスーツでの接客が求められることもあるため、働く前に確認しておくとよいでしょう。

高級クラブであるほど、採用時に容姿を重視されます。売上を上げるためには、ホステスとしての魅力が必要であるためです。とはいえ、会話や気配りなどによって人気を集めることも可能なため、過度に心配する必要はありません。

クラブで働くときの注意点

クラブのアルバイトは、18歳以上から可能で基本的に上限はありません。クラブによって働く女性の年齢層は異なるため、自分に合った場所を選びたいですね。

また、クラブで働くときは、同伴やアフターがあります。さらに、お客さんをお店に呼ぶため、プライベートでも連絡を取り合うのが一般的です。ホステスとして仕事する時間は、お店での勤務時間だけではないことを覚悟しておきましょう。

クラブで働くメリット

クラブで働くメリットは、働くうちに正しいマナーや細やかな気遣い力が身に付くことです。また、毎日髪をセットして、ドレスや着物をまとう生活を続ければ、大人の魅力に磨きをかけられます。

普段の生活では、出会うことがないような人と知り合いになれるのもうれしいポイントです。

クラブの仕事を探す

ラウンジのアルバイトってどのような仕事?

ラウンジは、スナックやクラブの中間的な接客を行うお店です。お客さんは、カジュアルな雰囲気のなかで、ゆったりとお酒や会話を楽しみます。

ラウンジのアルバイトの仕事内容

ラウンジでの仕事内容は、スナックやクラブと同じく、お酒を提供しながらの接客です。

ラウンジのアルバイトの時給相場

指名やノルマの有無はお店によって異なり、時給3,000~5,000円程度が期待できます。

ラウンジの客層

ラウンジは、接待として使用されることもあり、サラリーマンが多い傾向があります。また、会員制を採用しているお店もあり、弁護士や医師などのVIPが通うことも。

ラウンジで働くスタッフの年代層

ラウンジで働く女性は、20代がほとんどです。キャバクラのように若い世代が騒ぎにくることがないため、落ち着いた空間で働けます。

また、会員制を採用しているお店であれば、身バレしにくいのも嬉しいところです。

ラウンジのアルバイトの服装は?

ラウンジで働くときの服装は、ワンピースやスカートが基本です。もちろん、お店によってはドレス着用と決まっていることもありますが、基本的にはカジュアルな接客がメインです。キレイめな私服であれば、そのまま働けます。

なお、採用時の容姿基準は、お店のコンセプトによって異なります。

ラウンジのアルバイトの注意点やメリット

ラウンジでのアルバイトは、18歳以上から可能です。スナックやクラブのように、中高年のママのような人はあまり在籍していません。

高級クラブに近い敷居の高いラウンジか、スナックのようなカジュアルなラウンジかによって、働く人の雰囲気も異なります。

ラウンジでは、基本的にテーブルやボックス席で複数人の接客を同時に行います。スナックのようなアットホーム感はなく、クラブのような「自分だけのお客さん」という感覚もありません。そう考えると、マンツーマンでの接客が苦手な人に向いているといえますね。

ラウンジの仕事を探す

ナイトワークで働くなら!知っておきたいQ&A

ここからはナイトワークで働くなら知っておきたいポイントを解説します。実際によくある質問を例に、詳しいナイトワーク事情をみていきましょう。

高校生でも働ける?

基本的に、高校生は働けません。風俗営業店で未成年を雇用すれば、お店側が処罰の対象となります。例外として、隣に座るなどの接客をともなわない「飲食店」に分類されるお店であれば、高校生でも働けます。

とはいえ、ナイトワークはお酒の提供をともなう接客が大半のため、実質的に難しいといえるでしょう。

初めてでも大丈夫?

ナイトワークは、初めての人でも働けます。未経験歓迎の募集も多く、まったくの初心者でも問題ありません。

しかし、高級クラブは未経験では難しく、お客さんへのきめ細やかな接客が重視されます。そのようなお店で働きたい場合は、経験を積んでからチャレンジしたほうがよいかもしれません。

お酒が飲めないと働けない?

ナイトワークは、お酒が飲めなくても働けます。とはいえ、お客さんから「一緒に飲もう」と言われることも少なくありません。断り切れずにお酒を飲んで体調を崩すよりは、嗜む程度には飲める方がよいでしょう。

お店選びで知っておきたいことは?

お店選びの参考にするため、給与システムや待遇については詳しく理解しておきたいですね。

例えば、時給が高くても、ドレス代やヘアメイク代として差し引かれたり、遅刻や当日欠勤により罰金を求められたりするお店もあります。その他にも「送迎があるか」「終電までのシフトが可能か」なども把握しておきましょう。

応募する前に知っておきたいことは?

応募する前に、どのような接客をしているのかお店の雰囲気を知っておくと安心です。「ノルマがある」「指名料がもらえる」などのお店は、ホステスとしての接客力が上がる一方、女の子同士で競い、ギスギスした関係になることも少なくありません。

どのようなお店が自分に合っているか、その雰囲気を確認しておきたいですね。

体験入店って何?

体験入店とは、ナイトワークを始める前のお試し入店のことです。体験として1日入店すると、お店の雰囲気や働いている女の子の様子を確認できます。

体験入店したお店が気に入れば、そのまま本入店が可能です。また、その日に働いたお給料は、基本的に全額日払いでもらえます。

働くときに自腹になるものは?

ナイトワークは、身だしなみを整えるための出費が必要不可欠です。ドレス、ヘアメイク、美容院、エステ、ネイルなどにかかる費用は、自分で支払います。

お店によっては、系列店でヘアメイクを担当してもらい、給料から天引きされることもあります。

報酬はどのように受け取れる?

報酬の受け渡しは、お店によって異なります。給料として振り込みをするお店もあれば、報酬として手渡しするお店もあります。応募時、または体験入店時に確認しておきましょう。

ナイトワークに向いているのはこんな人!

ナイトワークは、接客が得意、お酒が好き、高収入を稼ぎたいという人に向いている仕事です。

ファストフード店やスーパーでのアルバイトよりも高い時給が期待できるため、お客さんを楽しませたり、お酒を飲んだりするのが好きな人は、チャレンジしてみてください。

ただし、ナイトワークは、業態やお店によって雰囲気が異なります。ママの指示で働くスナック、接客マナーを意識しながら働くクラブ、一度に多数を接客するラウンジ。自分に合ったお店を選ぶことが大切です。

とにかく高時給を求めるのであれば高級クラブ、賑やかな環境で働きたいのであればスナックが向いているでしょう。

まとめ

スナック・クラブ・ラウンジでのアルバイトは、それぞれ年齢層や雰囲気などが異なります。ナイトワークをしたいと考えている人は、体験入店を活用してお店の雰囲気を把握することをおすすめします。体験入店の前に、求人情報から条件や待遇を確認しておくことも大切です。

バイトルでは、写真や動画で職場の雰囲気や働く女性の年齢層などを把握できます。また、お店の見学や体験ができる応募もあるので、ぜひ活用してみてください。

ナイトワークの仕事を探す

【あなたにおすすめの記事】

特徴から仕事を探す


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です